2014.03.01 和徳会通信3月号

2014.03.01 和徳会通信3月号

春の暖かい日差しが園舎や中庭を照らし、ようやく本格的な春を実感できるようになってきましたね。玄関に飾ってあるおひなさま。
 
登園時や散歩に行くとき、お迎えのとき・・・と必ず立ち寄っては、おひなさまにごあいさつしている子どもたち。さぞかし、おひなさまたちも喜んでくれていることでしょう。
 
《クラスの様子》
☆いちご@ぐみ(低月齢児)
あっという間に全員が歩けるようになりました。今は歩けることが楽しくて仕方がない、いちご組@です。あと一ヶ月ですが、一人ひとりの発達に合わせ、もうひとつ出来ることが増えたらいいなぁ…と思っています。

☆いちごAぐみ(高月齢児)
少しずつ言葉が出てきており、保育士の言っている言葉を真似したりしています。歌も「あさのうた」「おかえりのうた」など、元気よく歌っています。4月からは1歳児クラスに進級するので、たくさんの遊びや歌を教えていきたいと思います。

☆ももぐみ
お遊戯会の練習をとても頑張ったももぐみさん。本番では、緊張してカチコチになる子も多かったですね。お遊戯会後に久しぶりにお散歩へ行くと、公園内を元気いっぱいに走り、戻ってくる頃には「つかれた」とヘトヘトの様子でした。
 
☆さくらぐみ
絵本(CD)「はらぺこあおむし」が大好きで、口ずさみながら毎日笑顔で楽しんでいます。もうすぐ春、たくさん散歩にも出かけたいと思います。
 
☆たんぽぽぐみ
進級に向け少しずつ当番活動をしたりしています。前に立つと恥かしがったりしていますが、年中・年長さんと一緒に楽しく活動しています。
 
☆ひまわりぐみ
年長児は残り一ヶ月となり、たくさん思いで作りをする為、散歩や1年間の遊びを振り返ったりしています。年中児はそんな年長さんと一緒に色々な遊び、活動に取り組んでいます。しっかり小学校へ送り出せるようにしていきたいと思います。