2014.12.01 和徳会通信12月号

2014.12.01 和徳会通信12月号

すっかり寒くなり、年越しの訪れを感じますね。

登降園時は子どもたちにどんな声をかけられていますか。「楽しんできてね♪」「楽しかった?」とお迎えにいらっしゃる保護者の方がいらっしゃいました。とっても和やかな空気でいっぱいです。この一言が子どもたちを笑顔に、そして、安心するのでしょうか♪

子ども達は、投げかけられた言葉によって想像しイメージし思い出します。子どもたちの日々の成長にとってよい言葉かけを意識していきたいですね。
 
《保育参観のお知らせ》
1月19日〜30日に全クラスにて保育参観を行います。(希望者)日々の子どもたちの様子を観て頂くとともに、家庭と園と相互的に、子どもたちの成長にとって、さらに良い方向へと向かっていけたらと思っています。
9:30〜12:30の中で予定しています。
詳細は12月初旬にお手紙でお知らせいたします。
 
《クラスの様子》
☆ いちごぐみ
つかまり立ちができるようになりました。お友だちがつかまると「ぼくも」とお隣でたっち♪お互いの存在がうれしいようで、気付くといっしょにいる仲良しいちご組さんです。幼児組のお友だちにもとっても可愛がってもらっています。

☆ももぐみ
秋晴れのポカポカ陽気の日も多く、手をつないで公園まで歩いて行くことができました。子どもたちが上手に歩けるようになってきたので、少し長い距離のお散歩にも挑戦しました。最近では、かくれんぼなどの簡単な遊びにも少しずつ興味を持ってきたようです。12月は集団遊びをたくさん取り入れながら過ごしていきたいと思います。

☆さくらぐみ
寒くなってきましたが、子どもたちは元気いっぱい。公園ではかけっこをたくさんしています。
大きなすべり台もとてもお気に入りで、順番を守り、楽しんでいます。
パンツトレーニングも進めています。個々にあわせて進めていきたいと思います。

☆ひまわりぐみ
雨の延期の末、待ちに待った[おいも掘り]の日を迎えました。1週間伸びたこともあってか、おいもが一株に3〜5本もなっていました♪
おいも堀りのうたを歌ったり、おいもの絵を描いて楽しみました。
公園にも沢山いくことが出き、長なわ、おいかけっこ、しっぽとりなど、友だちと一緒に楽しく沢山、体を動かして遊ぶことができました。