2015.01.05 和徳会通信1月号

2015.01.05 和徳会通信1月号

本年もどうぞ宜しくお願いいたします。年明けから雪が降りお正月早々子どもたちもルンルンな気持ちでスタートしたのではないでしょうか。

子どもたちの成長ぶりを振り返らせていただいています。それと同時に周りにいる私たち大人が、子どもたちの成長に沿った関わりができているのかということも大切ですね。どの年齢でもその年齢に応じた「できるようになる」ことがあります。その「できる」を楽しみにしたり、手伝ったり、時には、側で見守ることが必要なこともありますね。あっと言う間の子どもたちの成長に一緒に喜んでいけることに感謝です。
 
《持ち物への名記のお願い》
口拭きタオル、洋服ともに、消えかかった名前がありましたら、あらためて記入お願いします。
 
《クラスの様子》
☆いちごぐみ
伝い歩きができるようになり動き回っているいちごぐみさん。つかまってはカニさん歩き。歩く方向にお友だちがいるとお友達にもつかまり、その先へ進みます。日中はお外もポカポカ。公園で日向ぼっこや、はいはいで動き、元気いっぱいです。今月からは新しいお友達も増えてにぎやかになるいちごぐみさんです。

☆ももぐみ
友だちと一緒に何かになりきりごっこ遊びが出来るようになり、指先も器用に使い製作ではのりにも挑戦してます。心も身体も急成長のももぐみさん。心の成長の証であるイヤイヤ期にもなりました。「おトイレいや!」「手をつなぐのがいや!」と毎日いろいろな事にイヤイヤしています。成長した喜びを感じ気持ちを受け止めながらも、できる事は行えるよう見守り声掛けをしてます。

☆さくらぐみ
お家での出来事やお友だちとのやりとりで困ったこと、嬉しいことをたくさんお話できるようになります。「〜遊びをしたい」「〜したくない」と自己主張も強くなっています。公園では元気に走っている姿がとても可愛らしいです。トイレトレーニングも進み、こまめにトイレへ行く習慣をつけています。

☆ひまわりぐみ
12月は晴天の日が多く、散歩にたくさん行きました。長縄は多くの子どもたちがチャレンジして、まだ自信のない子どもも跳んでみる姿もありました。今では5〜20回まで続けて跳べました。クリスマス会では歌や合奏、英語の歌などを、もも、いちご、さくら組さんたちに、披露することができ、とっても誇らしそうなひまわり組でした。1月は伝承遊び、そして戸外でもたくさん遊びたいと思います。