2016.03.01 和徳会通信3月号

2016.03.01 和徳会通信3月号

春風も吹き始める3月。優しい陽射しの中でほほ笑み合う子どもたち。今年度も沢山の笑顔に元気をもらいました。かけがえのない思い出に、感謝の気持ちでいっぱいです。
 
卒園、進級を控えたこの季節。子どもたちの成長ぶりには、日々感動するばかり。思い出や希望を胸に、さらに大きく成長していってほしいですね。
 
≪クラスの様子≫
☆0歳クラス
作品展に飾る製作を行った子どもたち。椅子に座ると、今日は何をするんだろうとキョロキョロ。クレヨンを持って絵を描くのが皆大好きなので、楽しく活動でき、「もうおしまいね」と言うまで飽きることなく描いていました。
 
おまるに座ってみたり、ソフト積み木を自分で積み重ね登る姿に、成長を感じています。インフルエンザなどの感染症にも引き続き気をつけていきたいと思います。
 
 
☆1歳クラス
1歳のお友達は、いろいろな経験が盛りだくさんで、あっという間の2月でした。節分では自分たちで作った鬼のお面に笑顔を見せたり、教室に突然現れた鬼にびっくり仰天してみたり。
 
作品展では、日ごろ頑張った成果が幼児クラス一杯に飾られた様子を見て、嬉しそうな笑顔を見せていました。「これ○○の〜」と言う楽しそうな声がたくさん聞こえました。
 
日々の活動では、椅子に座って「作る」活動に楽しさ、面白さを見だした子どもたち。「今日は○○しようか」と声をかけると元気に「ハーイ」とお返事し、順番を競い合う姿も見られます。進級まであと1ヶ月。日々の挨拶や手洗い、着替え等一つ一つ大切にかかわっていきます。
 
 
☆2歳クラス
2月は製作遊びをたくさん楽しみました。はさみにノリ、絵の具やクレヨン画。集中力も抜群で、特に好きなことには30分以上も真剣になる姿に、成長を感じました。
 
日々の活動でも、お洋服を畳んだり、お昼寝でもパンツで寝れる子どもが多くなってきました。また、お友達とのかかわりが多くなってきた分、思い通りにならないことも出てきて主張しあう合う子どもたち。その思いを汲みながら、それぞれが毎日を楽しく過ごせるよう関わっていきます。
 
 
☆幼児クラス
2月の子どもたちは、たくさんのことを頑張りました。作品展の制作では、いろいろと工夫することを学ぶことが出来ました。また、子どもたち同士で協力し合って一緒に作ることもできるようになりました。
 
もうすぐ卒園、進級を迎えます。3月1周目に園庭でお別れランチも予定しております。子どもたちも楽しみに待っているようです。