2016.05.23 ほけんだより春号

2016.05.23 ほけんだより春号

春の風が心地よく、さわやかな気分になれる5月。しかし、体や心に疲れが出て、体調を崩したりしやすい時期でもあります。規則正しい生活をして、元気いっぱいに過ごせるようになりましょう。子どもたちが健やかに元気いっぱい過ごせますよう、年4回保険便りを発行いたします。どうぞよろしくお願いいたします。
 
☆生活リズムを整えよう
入園、進級で環境が変わった4月は生活リズムを改善する良い機会です。正しい生活リズムを身に着け、健康な体を作りましょう。
 
・早寝早起きを使用
睡眠は、脳や体の発育も促す大切な時期です。夜は9時ごろまでに眠り、朝は7時ごろまでに起きられるように習慣付けましょう。
 
・ご飯はしっかり食べよう
朝ごはんを食べると体が目覚め、その日一日を元気に過ごせます。朝ごはんはよくかんでしっかり食べるように促しましょう。
 
・うんちは出たかな?
朝ごはんを食べると腸の動きが活発になり、排便しやすくなります。朝ごはんの後はトイレに座る時間を作りましょう。
 
 
☆登園前の体調チェック
園では毎朝、登園してきたお子様の健康観察を行っています。ご家庭でも、登園前は次ののようなポイントでチェックを行ってみてください。
☑熱はありませんか?
☑はお色は良いですか?
☑鼻水や席は出ていませんか?
☑湿疹、発信はないですか?
☑食欲はありますか?
☑うんちはでましたか?
☑機嫌は良いですか?
☑痛い、疲れたなどの訴えはありませんか?
 
 
☆ツメはきれい?
子どもたちは様々なものに触れるため、ツメの中に汚れが入ったり、伸びているとかけたりしてしまいます。汚れがたまると炎症を起こし、ツメの病気になってしまうので、手洗いで落としきれない汚れは、お風呂できれいに落としてあげましょう。
 
また、ツメが長いとどこかに引っかけてしまったり、お友達を傷つけてしまうことにもなりかねません。おうちでは定期的に切って下さるようにお願いいたします。
 
 
☆朝ごはん
朝ごはんには、体にエネルギーと栄養を与えてくれる。脳も活発にしてくれる。体温を上げて体を目覚めさせる。生活のリズムを作る。などの役割があります。朝はしっかりとご飯を食べて、その日一日を元気に過ごしますよう。
 
・ご飯の良いところ
腹持ちがいい。あごを強くする。塩分がない。
 
・パンの良いところ
買ってすぐ食べられる。カルシウムが取れる。種類がたくさんある。
 
 
☆6月4日は虫歯予防デー
歯磨きの習慣づけが虫歯予防の第一歩。園では昼食後、歯磨き指導を行っています。お子様が歯磨きをした後は仕上げ磨きを行い、虫歯予防をしましょう。また、ご飯を食べるときはしっかりと噛んで食べる習慣をつけていきましょう。肥満予防となるだけでなく、唾液がたくさん出ることで口の中を洗い流し、虫歯を防いでくれる役割があります。
 
歯磨きのポイント
@膝の上に子どもの頭を載せ、寝かせ磨きをします。
A鉛筆と同じように歯ブラシを持ち軽い力で磨きます。
B奥歯の溝、歯と歯ぐきの間、歯と歯の間、葉の裏は特に丁寧に磨きます。
C前歯は歯ブラシを90度にあてて磨きましょう。
D歯と歯ぐきの間は歯ブラシを45度に当てましょう。
 
虫歯ゼロの健康な歯をめざし、一本ずつ丁寧に磨いていきましょう!