2016.12.01 和徳会通信12月号

2016.12.01 和徳会通信12月号

街中のイルミネーションが多くなり、あっという間に年末です。秋には運動会や大きいお友達は芋ほりなど、大きな行事もあり、保護者の皆様には多大なご協力をいただきました。職員一同、感謝しております。
 
 
≪保健室からのお願い≫
・お洋服やお手拭タオル、歯ブラシや歯ブラシケースなど、持ち物への名前記入をお願いいたします。

・寒暖の差が大きいため、肌着の上に薄手の長袖など重ね、羽織ものをご準備いただく等、衣替えをお願いいたします。
 
 
≪クラスの様子≫
☆0歳クラス
11月に入ったお友達もすっかり園での生活に慣れ、さまざまな月齢のお友達が勢揃いの0歳クラス。それぞれの月齢によって遊びや表情、しぐさなど様々ですが、お互いに興味を持ち、触れ合おうとする姿がたくさん見られました。高月齢のお友達は時に1歳クラスさんと共に園庭に繰り出し、風の冷たさやパリパリト言う落ち葉の感触も楽しめました。
 
今年も、もう一ヶ月を残すのみ。風邪などの感染症の予防に努めながら、それぞれの月齢に合わせた季節を感じられるかかわりをしていきたいと思います。
 
 
☆1歳クラス
寒さも段々と増してきたこの時期ですが、一歳クラスの皆は、元気いっぱい。みんな歌を歌うのが大好きで、朝の会や帰りの会では元気な声で上手に歌ってくれます。最近は子どもたちからのリクエストがたくさん。「げんこつ山のたぬきさん」では最後のじゃんけんが楽しいようで、勝ち負けが分からないながらもグーやチョキ、パーを出すことを楽しんでいます。
 
トイレトレーニングでは、タイミングが合うとトイレで成功する子も増えてきました。お友達がトイレに行くと、「自分も」とばかりにズボンを脱ぎ始め、トイレに行く気満々の子どもたち。トイレ後も、自分でおむつやズボンをはこうとしたり、トイレ以外でも、保育士が手伝おうとすると、自分でやりたいという気持ちが大きくなってきました。そんな気持ちを大切に、見守る時間を大切にかかわっています。
 
12月は今年最後の月。自分でできることを増やしながら、お天気の良い日には外で、室内でもたくさん体を動かして遊べる活動を増やし、毎日楽しく過ごせるようにしていきたいです。
 
 
☆2歳クラス
秋の訪れを楽しみました。園庭の落ち葉を見つけると「大きい」、「小さい」と嬉しそうに集めました。取った落ち葉を牛乳パックに詰めていくと、お友だち同士「とったよ〜」、「みて〜」と大はしゃぎでした。風が吹く中で、木の下で落ちてくる葉っぱの葉脈を写す制作もしましたよ。お話もますます上手になり、お家での出来事や思っていることを一生懸命伝えてくれようとしています。いろいろなお話をしてくれる子どもたちのお話に、みんなでほっこりとしています。
 
 
☆3歳クラス
先月はお芋ほりを楽しみ、今でもお芋ほりの話が出るほど思い出になっているようです。マラソンにも取り組んでおり、園庭に小さなコースを書いて、皆で走っています。「走ると体があったかくなってきた〜」と楽しんで取り組んでいます。今月も寒さに負けず、落ち葉やこの時期ならではの遊びを楽しみたいと思います。
 
 
☆4〜5歳クラス
クリスマス会で発表する劇の練習をしています。それぞれの役になりきり、頑張る子供たち。ピアニカの合奏練習では、子どもたちの方から「今日はいつ練習するの?」と声が上がるほど、どんどんうまくなり、クリスマス会当日を楽しみにしています。保護者の皆様もぜひ足をお運びくださいね。また、文字の練習もずいぶん進み、文章になりつつあるお友達もいます。寒さに負けず外でもたくさん遊んで、体力作りをし、皆が元気にお正月を迎えられたらと思います。