2017.02.01 和徳会通信2月号

2017.02.01 和徳会通信2月号

1月はインフルエンザの感染報告もあり、保護者の皆様も色々とご心配が多かったと思います。2月は空気がいちばん冷たい月。そして、節分です。節分とは本来季節の変わり目をさす言葉ですが、今まではおもに立春の前の日、その日に行う豆まき、という意味で使われています。古くは中国から伝わった「追儺(ついな)」という邪気を追い払う儀式が始まりとされているようです。園でも子どもたちと豆をまきながら、それぞれの「鬼」を払いたいと思います。
 
≪保健室からのお願い≫
・お洋服やお手拭タオル、歯ブラシや歯ブラシケースなど、持ち物への名前記入を引き続きお願いいたします。
・室温と外気温の差が大きいため、肌着の上に薄手の長袖など重ね、羽織ものをご準備いただく等、重ね着ができるご用意をお願いいたします。
・インフルエンザや感染性胃腸炎は引き続き全国的に流行しています。体調が気になるときは登園時お声掛けください。
 
 
≪クラスの様子≫
☆0歳クラス
1月はお外に探検に行きました。バギーに乗り、歩くのが上手なお友達は保育者と手をつないで歩きながら、近隣をぐるりと一周。八朔やお野菜を見つけに行きました。おいしそうだね〜とじーっと見ていた子どもたち。食欲も相変わらず旺盛です!!

2月は作品展があります。手形で作った作品や、シールをぺたぺたした作品…どんな作品を飾ろうかな?楽しみにしていてくださいね!!
 

☆1歳クラス
寒さもどんどん増してきましたが、そんな中でも元気いっぱいの1歳児クラスの子どもたち!!遊ぶ前のお約束もしっかり聞けるようになり、いけないことも「ダメだよね」と教えてくれるようになってきました。すっかりしっかり者のお兄さん、お姉さんです。着脱では自分でパジャマを着ようと最後まで頑張り、“自分で”の気持ちでいっぱいの子どもたち。ボタン留めができるお友だちもちらほら。見守る時間を大切にかかわっています。トイレトレーニングも成功する子が増えてきて、トイレに行くことが習慣づき、お友だち同士誘い合ってトイレに行く姿も見られるようになりました。生活習慣全般を無理なく焦らず毎日子ども達のペースで進めていきたいと思います。
 

☆2歳クラス
お天気が良い日が多く、雲一つない青空の下、戸外遊びもとても気持ちよく過ごせました。青い空を眺めて飛行機を見つけることも、子どもたちの日課の一つ。誰かが見つけると「おーい、いたよー!!」飛行機に向かって「どこ行くのー?」「バイバーイ!!」と自転車にまたがったまま見送っています。とてもほっこりした時間です。

追いかけっこでは「影ふみ」遊びも少しずつ取り入れ、子どもたち同士でも「待てー!!」とかけを追いかける姿が見られるようになってきたんですよ。お部屋では、郵便屋さんごっこを楽しんでいます。今月はお友だちと色々なごっこ遊びも楽しみたいと思います。
 

☆3歳クラス
先月はクラスの人数が少ない日も多くありました。そんな日に子どもたちから聞こえてきたのは、「さみしいね」「○○くん・ちゃんと遊びたいね」などというお友達のことを思う言葉。担任をさせていただき、とてもうれしかったです。今月は、よりクラス全員で遊ぶことを意識してルールのある遊びをたくさん取り入れていきたいと思います。
 

☆4〜5歳クラス
寒さが厳しく、体調を崩すお友達も多かった1月。あっという間に2月になり、いよいよ卒園、進級が近づいてきました。5歳児さんたちは入学準備に向けてお昼寝をしなくなり、4歳さん、5歳さんともに何か感じるところがあるようです。もうすぐ小学校入学や最年長児クラスになる子どもたち。2月は戸外でたくさん過ごしたり生活習慣を見直したりして、それぞれ進級や入学に備えていきたいと思っています。また、残り少ない4〜5歳クラスで過ごす園生活。楽しい思い出がたくさん作れるよう皆で楽しく過ごしていきたいと思います。