2017.06.06 食育だより第1号

2017.06.06 食育だより第1号

平成29年度が始まり早2ヶ月弱、時の経つのは早いものですね。登園してきたお友だちに「今日の朝、何食べた?」と聞くと「あのね!!・・・」と一生懸命お話してくれる子どもたち。朝のあわただしい時間帯、遊びやテレビに夢中なお子さまに保護者の皆さまが食事をすすめている姿が眼に浮かびます。園では食べる前の「いただきます」、食べ終わった後の「ごちそうさま」のあいさつを習慣づけ、みんなで元気な声で言うようにしています。

毎回の食事に関する気持ちを大切に育てて生きたいですね。
 
◇体をつくる赤・黄・緑をお勉強!!
4月に3歳〜5歳までのお友だちは体をつくる食べ物についてお勉強をしました。白い大きなパネルに次々と出てくる食べ物カードに皆興味津々!!
血や肉、骨を作る「赤い食べ物」、
体を動かす「黄色い食べ物」
体の調子を整える「緑の食べ物」…
 
食べ物の色とその役割が違うことを知り、給食の時間にもそこここで「これは赤!!」などの声が聞かれます。ご家庭でも赤・黄・緑をお食事の中で意識してみると子どもたちの意外な反応が見られるかもしれませんよ。
 
 
◇夏バテを防ぐための方法
「夏バテ」とは、夏の暑さに体がついていけず、食欲が無くなったり、疲れやすくなったりすることです。夏バテを防ぐためには規則正しい生活と栄養バランスの取れた食事をすることが基本となります。早寝早起きをして、しっかり朝ごはんを食べましょう。また汗をよくかきます。水分とミネラルの不足には注意が必要です。ジュースや炭酸飲料より、お茶をたくさん飲みましょう。「スイカ」で水分補給もいいですね。塩をかけて食べるととても効果的です☆
 
 
◇夏野菜を植えました
プランターに今年も園長先生がミニトマトとミズナスの苗を植えてくれました。去年のナスと違い、ミズナスの茎にはトゲトゲがいっぱい!!
今後、4.5歳クラスのお友だちでお当番活動を通し水やりをしたり、実がなるまでの様子を観察日記にして、夏には収穫する予定です。そんなお話にみんな楽しみな様子。たくさん実ったら収穫した野菜を調理してもらい、給食でみんなでおいしく食べたいと思います。
野菜が苦手なおこさまもこれを機に食べられるようになったらいいですね♪
 
 
◇さつま芋を植えました!!
園庭に畑を作って、3歳〜5歳のお友だち1人1株ずつ、さつま芋の苗を植えました。穴を開けて苗をグーッと斜め奥までいれる植え方に?マークの子どもたち。「さつま芋のご本を思い出してごらん、どうやってお芋できてたかな?」の保育士の言葉に「あ!」と思い出した様子のお友だちも。苗の上から土をかぶせ、自分で植えた苗が分かるようにお名前も付けました。「おいしいお芋ができますように!」とみんなで苗に声をかけ、毎日水やりをしています。さて、秋にはおいしいお芋ができるかな!?これから収穫まで一人ひとり責任をもってお世話していきたいと思います小さいお友達も大きいお友だちも今から収穫が楽しみです。