2018.08.11 ほけんだより夏号

2018.08.11 ほけんだより夏号

お盆休みが終わり、過ごしやすい日が増えてきました。園では健康教育の一環で、熱中症について学んだ子どもたち。大好きな先生も熱中症になると元気がなくなる・・・といった内容に、映像に出た先生を本気で心配する姿が見られました。熱中症予防には「飲む」「食べる」「寝る」が大切と知り、水分補給やお昼寝にも積極的になった子どもたち。夏の疲れが出やすくなる時期です。ゆっくりお風呂に入りたっぷり睡眠をとって、体調を整えられるといいですね!!
 

防災週間(8月30日〜9月5日)
9月1日は防災の日、9月9日は救急の日です。もしもの時に備え、非常食や水、ラジオ、懐中電灯などを用意しておきましょう。
また、お子さまにも火事や地震が起こったらどのように行動すべきか、煙を吸わずに逃げる方法や地震の時は机の下に隠れるなど、日頃から繰り返し話し、緊急時に備えるようにしましょう。
 
おうちの中にも事故やけがを招く危険な物がたくさんあります。事故を防ぐために、確認をしてみましょう。
・子どもの手の届く場所に置いてはいけない物
(薬、洗剤、たばこ、ライター、ポット、炊飯器、包丁などの刃物、針、子どもが飲み込める大きさの細かい物など)
・踏み台になる物はベランダに置かない
・コンセントなどをいたずらできないようにする
・遊び食べに注意する(食べ物が喉に詰まることがある)
・浴室には子ども1人で勝手に入れないよう工夫する
 
 
かぜの時にお風呂に入っても大丈夫?
熱がなければ入っても大丈夫です。かぜの時のお風呂は、疲れを取るためではなく、皮膚を清潔にすることが目的なので、汗や汚れが取れれば十分です。体力の消耗を防ぐため、お湯の温度は上げ過ぎず、湯冷めしない環境をつくりましょう。お子さまが嫌がる時は無理にお風呂に入れるのはやめましょう。
 
 
生活リズムを整えよう!
夏は楽しいことがたくさん!!ついつい眠る時間が遅くなったり、食事の時間が不規則になったりしていませんか?風邪を引かない強い体をつくるため、生活リズムを見直しましょう!!
・早寝早起きをしよう
睡眠は、脳や体の発育も促す大切な時間です。夜は9時頃までに眠り、朝は7時頃までに起きられるように習慣付けましょう。

・ご飯はしっかり食べよう
朝ご飯を食べると体が目覚め、その日1日を元気に過ごせます。朝ご飯はよくかんで、しっかり食べるように促しましょう。

・うんちは出たかな?
朝ご飯を食べると腸の動きが活発になり、排便しやすくなります。朝ご飯の後はトイレに座る時間をつくりましょう。
 
 
足にあった靴で元気に遊ぼう
新年度に準備した靴、今のお子様の足にあっていますか?

靴が足にあっていないと不自然な足の使い方、歩き方のまま足が育つことになります。成長著しいこの時期こそ、適切な靴選びが重要です。新年度から約半年、再度見直してみましょう!!
 
・0、1、2歳
 
・3、4、5歳